社員インタビュー

工事部 成田

1.山本組に入社したきっかけは?

もともと私は住宅会社で営業をしており、全く土木においての知識がない状態で山本組へ入社しました。
小さいころから、現場での職人やダンプ・重機の運転手がカッコいいなと思っていました。そんな影響と自分も形に残るものを手掛けてみたいという思いがきっかけとなり、未経験への世界へと転職を決めました。

2.今後の目標

今は先輩方のご指導のもと、現場で少しずついろいろな作業をやらせてもらっています。
まだまだ分からないことばかりですが、少しでも早く技術を身に着けてスムーズに仕事をこなせるようになりたいです。
そして1つ大きな目標として、1級土木施工管理技士の資格を取得し現場監督を目指したいと思っています。

1.こんな仕事をしています

古くなった道路を使いやすくなおしたり、新しい道路を造ったり、また土地の造成工事などの現場管理をしています。
大きな地下空間や巨大建造物の建設ではありませんが、自分の家族や身近な人々がよく利用するインフラの施工が主なのでとてもやりがいを感じています。

工事部 辻浦

2.入社当時の思い

当時の思いは、現社長から現場監督にチャレンジしてみればとのお声がけで、新しい職場でどんな仕事ができるか期待でいっぱいでした。

3.入社希望者にひとこと

同じ工種の現場でも、全く同じ条件の現場は二つと無いので常に新しい発見があります。よりよい品質を求めて安全第一に、我々と一緒に頑張りましょう。

工事部 下川

1.こんな仕事をしています

私達の会社は民間工事も行いますが、公共工事が多く、私は着工から完成に至るまでの現場の施工管理を行っています。現場では作業員の仕事を止めないように、測量・丁張り掛けを先行して行っています。それに伴い、写真撮影・出来形検測・発注者の方の立会いなどを受け、内業でそれらの書類をまとめ、次工程の段取りを行い、現場を進めていきます。
もちろん当社本隊での工事では、重機やダンプトラックにも乗るし、型枠を組んだりの作業も行っています。
冬季期間は除雪ローダーで県や市道、民間の駐車場などの除雪も行っています。

2.入社当時の思い

入社当時はわからない事ばかりでしたが、熟練の先輩方から現場での作業や施工管理の事を丁寧に教えて頂きました。そして初めて現場を任せられた時、自分にやれるのだろうかという不安もありましたが、すごく嬉しかった事を今でも覚えています。土木工事といっても作業だけでなく、写真整理や書類の作成が多いこと、それらに思いのほか時間がかかることに驚きました。
自分が監督として、手掛けた現場が完成した時の達成感は一潮です。自分が携わり、創った道路を通るたび、その時苦労した事や、やってよかった事などが思い出されます。これも「ものづくり」ならではの事だと思います。これからもっと知識を身につけ自分の仕事の幅を広げていきたいと思います。

3.入社希望者にひとこと

建設業はきつくて大変そうなイメージがあると思いますが、この仕事の魅力というのは、実際に携わってみないと分からないと思います。道路工事、河川工事などいろいろな工事がありますが、自分が携わった現場が形になって残るというのはこの仕事の一番の魅力だと思います。現場に長くいると「こういうのはこうやるべき」とか固定観念のようなものが根付いてきがちですが、これからは、若い人達の柔軟性や積極性が必要になってくるのかなと思います。
私達の職場はアットホームな雰囲気で、年齢層に隔たりなく働きやすい環境だと思います。皆さんにも建設業の面白さを知ってほしいし、是非私達と一緒に「ものづくり」の魅力を味わいましょう。

1.こんな仕事をしています

私は今、現場作業員として重機の運転、またその手元作業等や型枠の組立て、コンクリート2次製品の布設、また重機周辺の安全確認や監視といったことを行っています。
私は常々、社員みんなと地域が安心して住みやすくなることを念頭に、安全第一で日々工事を進めています。

工事部 明福

2.入社希望者にひとこと

私事で恐縮ですが、この会社に入社したきっかけになった先代社長(世間では破天荒社長!(笑))への思いを語らせていただきます。
先代から、当時若輩者である私は現場監督になるようにと勧められ、その言葉をきっかけにそれに従事することになりました。月日が経つにつれ私は仕事が思い通りにならないこともあり、当時よく先代と口喧嘩になったりもしました。先代は凄く大らかな人柄で普通に精力的な営業をしつつ、我々へのクレーム等にもその盾になってくれたりもしました。
先代は常々「一日有難うと感謝すればいい」とよく私に話したり、笑って和ませてくれる人でした。
先代が亡くなられて10年が経ち、私はあと少しで勤続30年になります。ここまで続けて勤務できたことは先代の力添えが私に根付いたからだと思います。今、社長をはじめ我が社の社員みんなは先代社長のDNAを受け継いでおり、全員大らかなヒトばかりで、一緒に仕事をしていてホッとします。
また、最近では会社の癒し犬「ハリー」が仲間入りし、社内の雰囲気は更に明るくなりました。
このような私たちとともに、四季を満喫しながらこの山本組で一緒に働きましょう。

工事部 佐野

1.山本組に入社したきっかけは?

最初、父に勧められこの会社に入社しました。
入社して一年ぐらいの時、先輩の方が病気で入院されたことがあり、その先輩が「佐野は頑張ってやっているか?」と病床から気遣っていたと社長伝てに聞いたことがありました。私はそれを聞いてとても嬉しかったし、心が温まる想いでした。
時には失敗して注意されることもありますが、一緒に仕事をする方々はとても楽しい方ばかりで、日々楽しくコミュニケーションをとりながら仕事をしています。
この会社に入って良かったと思います。

2.今後の目標

直近の目標としてはもっともっといろんな知識を吸収して、自分にできることを増やしていくことです。そして「これなら任せられる」と思われる人材になりたいです。
また10年後の目標としては職長として一つの現場を受け持って、ちゃんとお客さんに満足してもらえるような仕事が出来るようになることです。

1.山本組に入社したきっかけは?

もともと私は住宅会社で営業をしており、全く土木においての知識がない状態で山本組へ入社しました。
小さいころから、現場での職人やダンプ・重機の運転手がカッコいいなと思っていました。そんな影響と自分も形に残るものを手掛けてみたいという思いがきっかけとなり、未経験への世界へと転職を決めました。

工事部 成田

2.今後の目標

今は先輩方のご指導のもと、現場で少しずついろいろな作業をやらせてもらっています。
まだまだ分からないことばかりですが、少しでも早く技術を身に着けてスムーズに仕事をこなせるようになりたいです。
そして1つ大きな目標として、1級土木施工管理技士の資格を取得し現場監督を目指したいと思っています。

こんな仕事をしています

私は事務員として現場監督の補助をする仕事をしています。
書類の作成などでミスをすると注意されたこともありますが、わからないことなどがあっても聞きやすく、親切に教えてくださるので私は安心して仕事が出来ています。
監督の方達が良いものをつくりあげていくために同じ方向を向いて仕事をしていると感じているので、私もお手伝い出来ればと思っています。

社⾧や奥さんが社員一人ひとりを大切にしてくださるので、会社全体が温かい雰囲気です。
私はこの会社に入社出来て良かったと思います。

事務員 今井